産地情報

「ゆめぴりか」新米発表会 2013

2013年10月24日

昨年に続き、2013年度 ゆめぴりか新米発表会へ行ってきました。

年々作付も拡大していて、認知度も主要都市で7割から9割近くまで上がっているほど 注目されている品種ということもあり、マスコミの方も大勢来ていました。

日時: 2013年10月24日
場所: パークハイアット東京

2013ゆめぴりか新米発表会

ゆめぴりかの名前の由来

【ゆめ+ぴりか】
ゆめぴりかという名前は、一般公募で寄せられた3,422通の中から選ばれました。「夢」とアイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」をあわせてつくられた名前です。

新CM発表

今年も昨年に続いて、和服姿のスザンヌさんが登場。「『ゆめぴりか』の認定マークって何ですか?」とたずねる言葉がキーワードです。最後のシーンでは、道内7地区の生産者の代表者が、北海道の大地に実った稲穂を前に笑顔で集いました。

認定マーク

「ゆめぴりか」本来のおいしさを守るため、 生産者、 JA、 北海道が「北海道米の新たなブランド形成協議会」を結成。「種子更新率100%」「栽培適地での生産」「タンパク含有率基準」など全道統一の取組みを定め、 一丸となって「ゆめぴりか」を大切に育てています。この認定マークは、 それらの取組みが認められた商品にのみ表示される「おいしさと安全・安心の印」です。
もちろん、当店のゆめぴりかにも、この「認定マーク」がついていますよ。

ななつの星に願いを込めて ~北海道米応援のうた~

ななつの星に願いを込めて(ゆめぴりか発表会)

シンガーソングライターの宮崎奈穂子さんが作詞・作曲されたこの歌は、北海道の稲作生産者の今までの苦労、そして、北海道が「日本一と評される米どころを目指そう」という夢と希望をテーマとした、北海道の稲作生産者を応援する歌です。会場ではご本人が登場され、生で聞く歌声に聞き入ってしまいました。

品種別の特徴

会場で試食した3品種の特徴をご紹介します。

ゆめぴりか
粘りが強い低アミロース米で、豊かな甘みと濃い味わいが特徴。北海道米の最高峰。

ふっくりんこ
ふっくらとした食感が特徴で、程よい甘みと粘りで和食全般に合う。プロ御用達のお米。

【ななつぼし】
粒がしっかりとして程よい甘み。粘りが控えめでさっぱりとした食感。北海道の主力品種。

用途に応じた研究開発

それぞれ異なる特徴を持った品種が多彩にある北海道米は、ブレンドすることで「寿司」や「おにぎり」など様々な用途に合ったお米に仕上げることができます。
このほかにも、「スープカレー」や「リゾット・チャーハン」に適したお米の商品開発にも着手しています。

この北海道の止まらない、取組み、すごいですよね!