メディア掲載

メディア掲載

ご注文はフリーダイヤル「0120-014314」

読売新聞 「新品種のブランド化へ」

読売新聞 「新品種のブランド化へ」

ポストこしひかり
読売新聞 「新品種のブランド化へ」

発行日
2016年11月22日

概要

読売新聞の福井県版で、「ポストこしひかり」として開発中の新品種について取材を受けました。
「ポストこしひかり」とは、福井県が平成23年から開発を進めてきたプロジェクトで、20万種の田植えから始まり、収量、品質、食味などの選別、消費者の食味嗜好調査を経て、専門家の意見や食味評価などを基に、平成28年12月に品種決定(越南291号)。(ブランド名称は公募により決定する予定)

取材では、最近のお米のトレンドや消費傾向について触れ、全国各地で新品種がデビューする中、健康長寿の福井県だからこそ「たくさん食べたくなるお米」、食べて健康、元気になるという、新たな観点から食味を選び、生活スタイルとともに発信すれば、商品として説得力が出て、ブランドが育ち継続できるのではないかと提案しました。

【コシヒカリの里】
コシヒカリは、1956年(昭和31年)、福井県農業試験場にて誕生。越(こし)の国に光輝くことを願い命名。

詳細
福井県HP(農業・農作物)
読売新聞