お知らせ

夏のおいしい「ごはんの炊き方」2006.08.08

1億年の眠りから目覚めた名水「高賀の森水」夏本番です!暑い日が続くようになりました。
ごはんがいつもよりも「香り」・「甘み」が感じられなくなったら、
ぜひ下記の炊き方をお試し下さい。

■タイマー予約(前日夜にセット 朝炊き上がる)
熱帯夜でキッチンの室温は30℃以上を超えてしまいます。
そうすると「はじめちょろちょろ中パッパ・・」の「ちょろちょろ」の部分が短くなってしまい、美味しく炊けなくなってしまいます。

※水温18~20℃以上になると雑菌の繁殖する場合があるので気をつけてください。
《おすすめ》
 ・タイマー予約は使わないで、洗米し水に漬けてすぐ炊きましょう。
 ・1日分をまとめて炊きましょう(余ったごはんは冷蔵庫で保存)
  ※食べる前ににレンジで温めなおしたほうがおいしいです。

■水道水(水道水の温度が上がります)
できれば、冷蔵庫で冷やした水使いましょう。(浸漬時間30~60分)
→おすすめの天然水(ミネラルウォーター)