おいしいお米通販

新聞

メディア掲載

ご注文はフリーダイヤル「0120-014314」

メディア掲載

最新情報

商経アドバイス「炊飯・米飯米コンテスト」受賞 商経アドバイス「炊飯・米飯米コンテスト」受賞

商経アドバイス「炊飯・米飯米コンテスト」受賞

発行日
2021年6月7日(月)

概要

五ツ星お米マイスターが象印食堂(炎舞炊き)のために特別にブレンドしたお米、「佐賀産さがびより+山形産つや姫」が、令和2年度「炊飯・米飯商品米国際コンテスト」で、お米のブレンダー賞・特Aランク賞、タレ物大賞・特別賞、炊飯機器親和賞・特Aランク賞を受賞しました。

アイホー炊飯総合研究所が企画した米飯商品や炊飯機器との相性をみるコンテストで、今年は94点の応募が寄せられ、その中でもお米専門店や生産者によるブレンド米の参加が24点と多数を占めました。

大賞・特別賞・特Aランク賞の受賞米は、炊きやすく、炊飯機器との相性が良く、精米品質が揃っており、ブレンドは最高と評価されたお米です。

地球温暖化による玄米品質への影響が避けられない中、精米過程で品質を高めることも重要です。さらに精米技術を磨き、おいしいお米をお届けしたいと思います。

詳細
商経アドバイス
象印食堂
※「象印食堂のお米」はオリジナル商品のため当店での販売は行っておりません。
日本農業新聞「米の需要拡大策」掲載 日本農業新聞「米の需要拡大策」掲載

業界深層
日本農業新聞「米の需要拡大策」掲載

発行日
2021年5月28日(金)

概要

生産者と消費者を結ぶ販売店としての立場から、「お米を食べよう!」という生産者、流通目線で訴えるだけでなく、消費者が自らの意思で「お米を食べたい」と思ってもらうことが第一に考える必要があります。

佐賀上場コシヒカリでは、美しい棚田風景や夕日をバックに代かきをする情緒ある写真をリーフレットにしています。栽培方法や食味の特徴などを文字で説明するよりもビジュアルの方が米づくりの様子や生産者の苦労が食卓にも伝わり、米を食べるありがたさが自然とわいてくると思います。

さらに、自分にとっても「ありがたい」と思えるように、お米を食べることの健康面や美容の視点も重要です。

「ありがたい」と感じることから生まれる自発的な行動が消費拡大につながると思います。

米づくりをテーマに人気を集めているゲームソフト「天穂のサクナヒメ」では、「米は力だ!」をキャッチフレーズのように、ごはんを食べて日本中が健康で元気になってもらいたいです。

詳細
日本農業新聞

丸美屋「究極の麻婆米×金色のフライパン」プレゼント

概要

究極の麻婆米は、丸美屋の麻婆豆腐の素の魅力である「味・香り・トロミ」を最大限に引き出すべく、それぞれ優れた特性を持つ銘柄米を繊細にブレンドしたお米です。
麻婆米の選定には様々な品種を用い、試行錯誤しながら何度も配合を調整し、試食テストを経て完成に至りました。

今年は麻婆豆腐の素 発売50周年を記念して、特に大粒で滑らかな食感にこだわり、麻婆豆腐の辛味ととろみ、ごはんとの絶妙なハーモニーを実現しました。
麻婆豆腐作りにぴったりな金色のフライパン(ダイヤモンドコーティング)とセットで当たります。詳しくはこちらをご覧ください。

【こだわりの3種のお米】

ベース米 :新潟佐渡産「新之助」特別栽培米/朱鷺と暮らす郷認証米
ブレンド米:香川県産「おいでまい」プレミアム2.0
隠し味  :秋田県産「あきたこまち」常温低湿乾燥米

丸美屋キャンペーン2021

※当店ではキャンペーンの受付は行っておりません。
※究極の麻婆米はオリジナル商品で限定生産のため販売は行っておりません。

全国農業新聞「お米の魅力を伝える 五ツ星お米マイスター」 全国農業新聞「お米の魅力を伝える 五ツ星お米マイスター」

全国農業新聞「お米の魅力を伝える 五ツ星お米マイスター」

発行日
2021年5月14日(金)

概要

全国農業新聞から取材を受け、お米マイスターが紹介されました。店舗での接客やお米の講演・食育活動を通じて、「お米を食べても太らない」「おいしい炊き方・保存方法」など、お米の正しい知識を分かりやすく伝え、ごはんを安心して食べてもらうための活動を紹介。

店舗では約50種類の玄米を扱い、食感や食味、料理に合わせて品種を提案したり、佐賀県と共同で開発した長粒米「ホシユタカ」は、食の多様化に合わせた「国産長粒米」として、お客様のニーズを捉えインターネット販売を導入したことについて。

また南魚沼市×国際大学「おにぎり ONIGIRI世界一決定戦」など世界に広がる取り組みについても紹介しています。

詳細
全国農業新聞(5/14)
商経アドバイス(新聞)お米マイスター 農林水産省で講演

農産物検査規格・米穀の取引に関する検討会
商経アドバイス(新聞)お米マイスター 農林水産省で講演

発行日
2020年12月14日(月)
テーマ

お米マイスター講演「消費者が求めるお米」

概要

農林水産省が開催する農産物検査規格・米穀の取引に関する検討会で、「消費者が求めるお米」と題して講演を行ったことが紹介されました。

小売店の立場から日々の販売業務の中で捉えたお客様のニーズについて説明し、今後はさらにデータ活用を進めることで、よりよいお米が生産され、生産者の所得向上・販路拡大が期待されることをお話ししました。

日本農業新聞 お米マイスター 農林水産省で講演

更新日: 2020年12月10日

日本農業新聞 お米マイスター 農林水産省で講演

農林水産省が開催する農産物検査規格・米穀の取引に関する検討会でお米マイスターが講演を行い、その内容が記事になりました。 講演では、お米の品質を分かりやすく消費者に伝えるため、タンパク値やアミロースな...

詳細ページ

日本農業新聞「国産長粒米(ホシユタカ)」紹介

更新日: 2020年12月10日

日本農業新聞「国産長粒米(ホシユタカ)」紹介

日本農業新聞に、「お米マイスター×佐賀米プロジェクト」で誕生した長粒米『ホシユタカ』と、ホシユタカを使ってパエリアを提供しているスペイン料理店「スペインの宴」が紹介されました。 店長からホシユタカを...

詳細ページ

南魚沼産コシヒカリ『農/KNOW THE FUTURE』掲載

更新日: 2020年11月27日

南魚沼産コシヒカリ『農/KNOW THE FUTURE』掲載

南魚沼産コシヒカリのポスター『農/KNOW THE FUTURE』にお米マイスターの応援コメントが掲載されました。 南魚沼市が誇るコシヒカリを新しい感覚でPRする目的で、南魚沼市内の若手生産者やクリ...

詳細ページ

新潟日報「新之助」お米マイスターのコメント掲載

更新日: 2020年10月30日

新潟日報「新之助」お米マイスターのコメント掲載

新潟日報の特集記事「デビュー3年、新之助のいま」(上・下連載)で、お米マイスターのコメントが掲載されました。 「新之助」は新潟県がコシヒカリと並ぶトップブランド米として開発し、デビューから3年を迎え...

詳細ページ

北海道文化放送「みんテレ」オンライン出演

更新日: 2020年10月23日

北海道文化放送「みんテレ」オンライン出演

「新米のシーズン到来!新米をおいしく食べる」特集の中で、令和2年産の北海道米について、「ZOOM」を使ってオンライン出演しました。 五ツ星お米マイスターの活動では、産地訪問やお米の特徴を活かした精米...

詳細ページ

おいしいマルシェ掲載「長粒米レシピ」

更新日: 2020年09月18日

おいしいマルシェ掲載「長粒米レシピ」

おとりよせネットが運営する「おいしいマルシェ」で、国産長粒米ホシユタカで作る「絶品カオマンガイ」レシピが紹介されました。 手順は炊飯器にお米と具材をいれて炊くだけ!味付けは家にある調味料で作ったタレ...

詳細ページ