その他活動

食育活動

お米マイスターの食育活動

食育とは、「食に関する知識」と「食を選択する力」を身に付け、生涯にわたり健全な食生活を送る力を育むことです。

食習慣の形成、農産物への理解、食文化の継承、食品の安全性を正しく伝えるため、お米マイスターは食育活動やお米の普及に取り組んでいます。

金子商店はFOOD ACTION NIPPONを推進しています 金子商店はFOOD ACTION NIPPONを推進しています

現在の日本の食糧自給率39%(カロリーベース)を向上させ、国産の食品を安心して、
おいしく食べていける社会を子ども達の世代へ引き継ぐ「おいしいニッポンを残す、創る」
ことを目指します。

最新情報

新潟米ガイドブック「新潟米図鑑」 新潟米ガイドブック「新潟米図鑑」

新潟米ガイドブック「新潟米図鑑」

主催
新潟県農林水産部
対象者
中食・外食分野企業

概要

新潟の銘柄米を紹介するガイドブック「新潟米図鑑」が完成しました。今年の5月24日にお米マイスターが食味評価員長として出席した「新潟米食味評価会」での試食評価をもとに、外食・中食分野を中心とした需要に対応したお米が紹介されています。
家庭用米でお馴染みのコシヒカリ・新之助をはじめ、業務用米のおすすめ品種として、ちほみのり、ゆきん子舞、つきあかり、あきだわら、あきあかね(新品種)、みずほの輝きなど、21品種(もち米・酒米含む)をラインナップ。

主要銘柄はお米チャートで一覧でき、粘りや硬さを分かりやすく6段階で評価、具体的にどんな料理と相性が良いか評価会のコメント付きで、用途ごとに最適なお米を選びやすい構成になっています。

食の多様化により業務用米にも様々なニーズが生まれている中、新潟県では、コシヒカリの栽培で培った技術を活かし、良食味で多収穫が期待できる品種を揃え、コスト低減を推進し、販路開拓を目指しています。こうしたパンフレットを配布することにより、「米どころ新潟」が築き上げてきた技術力で、多くの品種が供給できることを積極的にPRし、米穀業界全体の需要拡大を推進できればと思います。

詳細
新潟米PRパンフレット「新潟米図鑑~新潟の銘柄米ガイドブック~」 新潟県
第9回川越まちゼミ「お米の講座」 第9回川越まちゼミ「お米の講座」 第9回川越まちゼミ「お米の講座」 第9回川越まちゼミ「お米の講座」

夏でも美味しい!お米の炊き方
第9回川越まちゼミ「お米の講座」

日時
2018年8月3日(金)、8月18日(土)
場所
吟撰米屋「結の蔵」
主催
川越商工会議所・川越まちゼミの会
出席者
各回5名程度
プログラム

これさえ守れば美味しいごはんが炊ける!お米のプロが炊き方を実演、食べ比べ、役立つ豆知識、ごはんは太らない

関連商品
佐渡の深海塩(みしお)

概要

 結の蔵にて、川越まちゼミ「お米の講座」を開催、暑い時期におススメの炊き方、お米の食べ比べ、夏休みの自由研究にも役立つお米の豆知識、ごはんは太らない!などの内容で、夏休み期間中ということもあり、親子で参加の方もいらっしゃいました。

お米の品種や歴史についてクイズ形式で学んだり、実際に手を使った籾むきを体験した後、特徴の違うお米3種類を食べ比べていただきました。その後お米マイスターが洗米~炊飯をキッチンで実演、水、研ぎ方、お米の保存など、夏に守るべきポイントについてお伝えしました。

最近は糖質制限などの間違ったダイエット法でごはんを食べる量が減り、健康への悪影響が懸念されています。実はごはんの食べ方にはコツがあり、しっかり食べても太らない理由があります。元気で健康的な食生活には、ごはん食が欠かせないことをフリップを使ってお話ししました。

食べ比べでは「佐渡の深海塩(みしお)」をお試しいただいたところ、「塩だけでおいしいごはんをいただきました。家族にもたべさせてあげたい。」と喜んでいただきました。佐渡島沖の海洋深層水から作られた、ほんのりと甘く深い味わいの塩で、夏バテ気味の身体にぴったりなごはんのお供です。
他にも「毎日食べているお米なのに知らないことがたくさんありました」と感想をいただき、講座を通じて、お米に興味・関心を持ってもらうきっかけになればと思います。

詳細
結の蔵「食育・講習」
町の達人に挑戦しよう!「川越小学校3年生」 町の達人に挑戦しよう!「川越小学校3年生」 町の達人に挑戦しよう!「川越小学校3年生」

わたしたちの町~町の達人に挑戦しよう~
町の達人に挑戦しよう!「川越小学校3年生」

日時
2018年06月15日(金)10:00~11:00
場所
吟撰米屋「結の蔵」
対象者
3年生(グループ)
講習内容

インタビュー、お米クイズ、精米体験、おにぎり作り

概要

地域に住む達人を探し、その技の特色や良さを発見、体験する学習で小学3年生のグループが「結の蔵」を訪ねてきてくれました。今年で3回目になります。

壁一面に玄米が並ぶ店内で、フィリップを使ったお米クイズ・棒とビンを使った精米体験で、身近なお米の意外な事実を発見したり、精米工場では実際に玄米選別の工程を見学し、機械の大きな音に驚きながらも興味津々の様子でした。子どもたちかお米についてのインタビューも受けました。

その後は、子どもたち一番のお楽しみ、おにぎり体験&試食。炊きたてのごはんが運ばれると、子供たちは熱さにびっくりしながらも一生懸命にぎっていました。1個目でコツを掴み、塩加減にも気を配りながら、2個目、3個目にも挑戦、最後は口いっぱいに頬張って美味しそうに食べていました。「すごく美味しい!」「もっと食べたかった!」など自分で作ったおにぎりの味は特別だったようです。

家庭や給食で食べるお米や食べ物に対して好奇心や興味を持ってもらい、正しい食習慣を身に付けてもらえればと思います。

詳細
川越市立川越小学校
新潟米食味評価会 審査員 新潟米食味評価会 審査員 新潟米食味評価会 審査員

業務用需要創造・販路開拓支援事業
新潟米食味評価会 審査員

日時
2018年05月24日(木)
場所
新潟県農業総合研究所 作物研究センター
主催
新潟県
出席者
新潟県農林水産部食品・流通課、農産園芸課、作物研究センター
審査員

五ツ星お米マイスター3名、料亭総料理長、レトルト米飯製造業など米の食味専門家

審査方法
各評価員による試食、意見交換、評価コメント・チャート表の作成(料理に合う)

概要

新潟県農業総合研究所で栽培された、多収穫米、早生、晩生を含む10品種についての食味評価会があり、食味評価員長として出席しました。

試食会では、香り、外観、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目について、基準米と比較しながら採点し、それぞれの『お米と相性のよい料理(用途)』について検討、その後の評価会では、評価員全員で意見交換し特徴をまとめました。

お米の特徴と料理との相性は大切で、例えば、お茶碗で白いごはんをそのものを味わえる和食であったり、おにぎり、お弁当、定食、洋食(肉料理)寿司、炊き込みごはん、丼もの、カレー、中華など、お米の特徴と合わせるとさらにおいしい料理になります。

家庭用はもちろん、外食(飲食店)中食などの企業にも選びやすい資料になってもらえればと思っております。

詳細
新潟県農業総合研究所 作物研究センター
INTERNATIONAL “ONIGIRI” Festival 審査員 INTERNATIONAL “ONIGIRI” Festival 審査員 INTERNATIONAL “ONIGIRI” Festival 審査員 INTERNATIONAL “ONIGIRI” Festival 審査員

南魚沼産コシヒカリ×国際大学 握飯国際化計画2018
INTERNATIONAL “ONIGIRI” Festival 審査員

日時
2018年05月12日(土)12:30~13:30
場所
国際大学(INTERNATIONAL FESTIVAL 2018)
主催
国際大学、南魚沼市
審査員

南魚沼市 市長、国際大学 学長、南魚沼市観光協会 会長、大和商工会 会長、JA魚沼みなみ 代表理事、地域振興局、管理栄養士、五ツ星お米マイスター 金子真人

参加
バングラディッシュ、モロッコ、ネパール、フィリピン、タイ、ベトナム、ブルキナファソ、ジブチ、セネガル、キルギス、トルクメニスタン、ウズベキスタン 12か国

概要

南魚沼産コシヒカリに国際大学の留学生のアイディアを加えた新しい多国籍「ONIGIRI」の発表会が開催されました。以前、お米マイスターが南魚沼市での講演で提案した企画が実現し審査員として参加してきました。

アジア・アフリカ地域の計12か国の学生が8チームに分かれ、開発したおにぎりの概要、こだわりの点をチームごとに発表。伝統的な食文化・食材を取り入れて考案されたおにぎりは、どれも独創的でした。チーム・アフリカでは、自国の日常的な飲み物「ハイビスカスティー」で炊いたピンク色のおにぎり、中東の伝統食材である「ぶどうの葉」で巻いたもの、甘いおにぎり、日本ですぐに商品化できるものなど、留学生の皆さんの発想力や母国への想いがいっぱい詰まったおにぎりはどれも大変美味しかったです。

次回は、学生が開発しているところからメディアに入ってもらったり、食材を混ぜる部門、具材入り部門を設けたり、南魚沼市地域部門のおにぎりなど次回に向けての話も進みました。

会場外の各国ブースでは、発表したおにぎりの配布や、世界の料理が100円で食べられ、大変賑わっていました。このイベントを通じて、Rice Ballではなく「ONIGIRI」として、お互いの国で親しまれる料理になり、両国の架け橋になってもらいたいです。

詳細
国際大学(IUJ)
レシピ(五ツ星お米マイスターの活動日誌)

魚沼米生産者大会

更新日: 2018年04月15日

魚沼米生産者大会

魚沼米生産者大会が開催、新潟県知事、魚沼地区の5市2町の市長や町長、また魚沼各地域の生産者、農協約650名が参加される中、お米マイスターがお客様の声や魚沼米への提案をする機会をいただきました。大型バス...

詳細ページ

第3回 魚沼米対策検討会議

更新日: 2018年04月09日

第3回 魚沼米対策検討会議

魚沼米対策検討会議に出席、第1回は「技術対策」、第2回は「米の食味」をテーマに開催され、第3回目は「情報発信のあり方について」の講演で、お客様の声を直接お伝えし提案をする機会をいただきました。 報道...

詳細ページ

JAみえきた青壮年部会 記念講演会

更新日: 2018年03月20日

JAみえきた青壮年部会 記念講演会

近年続々デビューしている新品種やプロの視点から見たお米の評価ポイント、和洋中それぞれの料理に合うお米の特徴を説明。会議室で実際に洗米をして、美味しいお米の炊き方を実演。保存方法では、ご家庭でもすぐに実...

詳細ページ

第8回川越まちゼミ「お米の講座」

更新日: 2018年03月06日

第8回川越まちゼミ「お米の講座」

 結の蔵にて、川越まちゼミ「お米の講座」(全4回)を開催し、今回も多くの方々にご参加いただきました。   「今が食べ頃!美味しいお米の炊き方」をテーマに、「2月~3月」が一年で最も美味しくお米を食...

詳細ページ

全国稲作経営者研究会研修会

更新日: 2018年02月13日

全国稲作経営者研究会研修会

第35回若い稲作経営者研究会の研修会で講演を行い、続々デビューしている新品種について、食味審査員の立場からお米を見極める際の評価ポイント、和洋中それぞれに合ったお米の種類、一年で最も美味しくお米が食べ...

詳細ページ

岩手県米穀店研修会

更新日: 2018年02月04日

岩手県米穀店研修会

岩手県盛岡市で米穀小売店のお米マイスター向けに講演をしてきました。 昨今の糖質制限やごはんは太るという間違った情報に惑わされず、消費者の方に安心してごはんを食べていただくためには、米穀店から正しい情...

詳細ページ