お知らせ

「有機JAS認証」定期監査今年もクリア2008.11.10

「有機JAS」定期監査(指摘なしでした)有機JAS認証の有機栽培を扱うには、生産者(生産管理工程者)と販売者(小分け業者)が有機JASの認証を受けなければなりません。認証受けた後も、毎年、格付記録簿、出荷台帳、内部規定、格付規定、作業マニュアルなどの監査があります。(有機栽培について
今年も指摘事項もなく適正に処理されていることが確認され、問題ございませんでした!今後も、「安全」で「おいしい」有機米(無農薬・無化学肥料)をお届け致します。

■【新米】有機JAS 有機栽培米(白米玄米