お知らせ

品質検査アップ!「穀粒判別器」導入2009.10.05

品質検査アップ!「穀粒判別器」導入品質検査をより精度アップするために、新しい「穀粒判別器」を導入しました。
3つのカラーCCDラインセンサで、お米の表・裏・側面から観察し、お米の品質をより細かく計測できます。検査データをパソコンに保存しますので、販売したお米を画像と数値で確認することもできるようになります。

玄米を選び、精米仕上げで活用し、今後も、美味しくて・安全で環境にも配慮できるお米を引き続きご案内できるようしてまります。