お知らせ

今年のお米の生育状況2010.05.19

お米とホタルの関係里山にある田んぼや田んぼ沿いの水路などに生息しているホタルは、幼虫期は田んぼの中で過ごすため、稲の成長とホタルの出現には大きな関わりがあると思います。

今年は、ホタルの幼虫が活発に行動する晩冬から春の気温が昨年に比べ低くなったため、ホタルの出現も遅れています。イネも1週間から10日ほど遅れる予想で、6月も気温が上がらない可能性があるので、新米は例年よりも少し遅れそうです。
■ホタルの出現(予測)
【西・東日本】 1週間程度遅い出現
【北日本】  10日以上遅れる可能性