お知らせ

1月7日 「七草」粥で健康祈願!20182018.01.07

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のことです。

この7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、七草粥を食べるとその一年の無病息災が叶うといわれ、お正月のおせち料理などのご馳走で疲れた胃腸など内臓をいたわる効果やビタミンを補う効果があります。野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うのにピッタリです。

【春の七種】

芹(せり)・なずな(ぺんぺん草)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)

今年も引き続きのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。