お知らせ

夏におススメ!美味しい炊き方・保存2018.07.04

今年は東日本を中心に梅雨入り前から気温が上昇し、例年になく暑い日が続きました。これから夏にかけて、水道水の温度が高い状態で炊飯をすると、早く沸騰してしまうため美味しく炊けません。

ごはんを美味しく炊くコツは、お米の鮮度を保つ正しい保存方法と、冬場と同じような環境で炊飯することが大切です。

◆美味しい炊き方
冷蔵庫で冷やした水(軟水)でじっくりと浸漬(約40分)させてから炊くと、「甘み」と「粘り」が増し、シャッキリとした食感に炊き上がります。

◆お米の保存方法
密閉容器・ストックバッグに小分けして冷蔵庫の野菜室で保存すると美味しさが長持ちします。

◆ごはんの保存方法
炊きたてを、ごはん用の冷凍保存容器、又はラップに薄く包んで平らにしフリーザーバッグに入れて、冷凍室で保存します。

お米マイスターおすすめ 高賀の森水(天然水・軟水)

ごはんの甘み、粘りを引き立て、美味しく炊けます!まろやかな味わいは、飲み水、お茶・赤ちゃんのミルク水としても最適です。