お知らせ

丼物にぴったりのお米は?2018.07.20

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前、18日間のことで、次の季節に変わる準備期間にあたります。

このうち、立秋前の18日間が夏の土用になり、1年の中でも暑さが厳しい時期になるため、丑の日に「うなぎ」を食べて夏バテを解消しようという習慣が定着したそうです。

うな丼をはじめ、かつ丼や親子丼などの丼物には、汁通りがよく、濃い味の具と調和する、ほどよい粘りと粒に張りがあるお米をおススメです。

おススメのお米

佐渡産コシヒカリ  長野飯山産コシヒカリ  北海道産ななつぼし

2018年、夏の土用の丑の日は、7月20日と8月1日(2回)です。今年はお米選びもひと工夫して、ご家庭で美味しいうな丼を召し上がってみてはいかがでしょうか。