食育活動

魚沼米生産者大会

魚沼米生産者大会 魚沼米生産者大会 魚沼米生産者大会 魚沼米生産者大会

魚沼米生産者大会

日時
2018年04月15日(日)14:00~15:30
場所
南魚沼市民会館 大ホール
主催
魚沼米改良協会、魚沼米対策協議会、新潟県
出席者
魚沼米生産者 650名、新潟県知事、南魚沼市長、小千谷市長、湯沢町長、十日町市長、津南町長、長岡市長、魚沼市長、JAしおざわ、JA魚沼みなみ、JA十日町、JA津南町、JA北魚沼、JAおぢや
関連商品
南魚沼産コシヒカリ [特別栽培米]

概要

魚沼米生産者大会が開催、新潟県知事、魚沼地区の5市2町の市長や町長、また魚沼各地域の生産者、農協約650名が参加される中、お米マイスターがお客様の声や魚沼米への提案をする機会をいただきました。大型バスで参加されている方もいらっしゃいました。

当店の南魚沼産コシヒカリは、28年産と29年産のデータ分析(食味計・穀粒判別器・食感測定器)から見ても、変わらない美味しいお米であり、生産者の方々も同じ感想なのか尋ねたところ、ほとんどの方が挙手されました。

ただ、今回の食味ランキングの発表後、お客様から不安や戸惑いを見せる方もいます。その日以来、毎日、炊いて試食をしてもらってい、「美味しい」との評価を頂いていますが当店のお客様に限られてしまいます。

変わらぬ美味しさであれば、今すぐの対応として、魚沼地域の6農協が主体となった情報発信が必要です。
例えば、外国人観光客も多い湯沢駅プラットフォーム、道の駅、観光地で魚沼米の試食(おにぎり)など。

今回のように、魚沼米全体にマイナスイメージを持たれると、せっかくの地域独自の食味や品質へのこだわりも評価されません。

安心して、お客様がいつでも美味しく食べられるお米として、今後は土台である「魚沼米」を魚沼地域が一体となって、トップブランド米としての高い基準、取り組みを実践し、お客様に向けた情報を継続的に発信していただきたいとお願いしました。

詳細
新潟県農林水産部