食育活動

ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校)

ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校) ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校) ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校) ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校)

佐渡米×おいしいお米の炊き方
ごはんパワー教室(佐渡市立新穂中学校)

日時
2018年12月14日(金)14:00~15:30
場所
新潟県佐渡市立新穂中学校
関連商品
新潟佐渡産コシヒカリ [朱鷺と暮らす郷づくり認証/特栽]

概要

お米マイスターの食育出前授業「ごはんパワー教室」を、新潟県佐渡市立新穂中学校(2年生)で実施しました。
中学校では年間を通じて、田植えや稲刈り・生き物調査などを体験し、作り手側への理解を深めてきましたが、今回は「佐渡のお米」が島外でどう評価され、消費者の手に渡っているのかを知り、自分たちの活動の意味を見出してもらうための授業を行いました。

佐渡米は、生きものと共生する米づくりと、高品質・おいしさを追求する取り組みが高く評価され、積極的なPR活動も実を結び、今年は企業キャンペーンで全国各地、海外でも多くの方々に提供されています。生徒の皆さんには、プロジェクターを使って、全国各地で行われている佐渡米PRイベント・勉強会の様子や、商品ディスプレイやパッケージを紹介、佐渡米の流通に関わる全ての人たちが、消費者の方々においしく食べてもらいたいという想いで、真剣に取り組んでいることを感じてもらいました。

さらに佐渡米で炊いたお米で、おにぎりコンテストを実施。お米マイスターが洗米のお手本を見せ、中学生の皆さんにも自分で洗米し、高級炊飯器「炎舞炊き」4台を使って炊飯してもらいました。初めて自分でおにぎりを握る生徒も多く、熱々ごはんをなんとか形にして、給食の後なのに美味しそうに食べていました。
籾むき、ビンと棒を使った精米リレー、「お米・ごはんBOOK」を使って、朝ごはんの大切さ、食事の基本(主食・主菜・副菜)を学んだ後、ジュニアお米マイスター試験で、全員をジュニアお米マイスターに認定しました。

授業を通して、環境にやさしいお米づくりの大切さを再認識してもらい、生き物調査など環境への取り組みを続けてもらいたいと思います。

詳細
新潟県佐渡市立新穂中学校