食育活動

新潟米食味評価会 審査員

新潟米食味評価会 審査員 新潟米食味評価会 審査員 新潟米食味評価会 審査員

業務用需要創造・販路開拓支援事業
新潟米食味評価会 審査員

日時
2018年05月24日(木)
場所
新潟県農業総合研究所 作物研究センター
主催
新潟県
出席者
新潟県農林水産部食品・流通課、農産園芸課、作物研究センター
審査員

五ツ星お米マイスター3名、料亭総料理長、レトルト米飯製造業など米の食味専門家

審査方法
各評価員による試食、意見交換、評価コメント・チャート表の作成(料理に合う)

概要

新潟県農業総合研究所で栽培された、多収穫米、早生、晩生を含む10品種についての食味評価会があり、食味評価員長として出席しました。

試食会では、香り、外観、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目について、基準米と比較しながら採点し、それぞれの『お米と相性のよい料理(用途)』について検討、その後の評価会では、評価員全員で意見交換し特徴をまとめました。

お米の特徴と料理との相性は大切で、例えば、お茶碗で白いごはんをそのものを味わえる和食であったり、おにぎり、お弁当、定食、洋食(肉料理)寿司、炊き込みごはん、丼もの、カレー、中華など、お米の特徴と合わせるとさらにおいしい料理になります。

家庭用はもちろん、外食(飲食店)中食などの企業にも選びやすい資料になってもらえればと思っております。

詳細
新潟県農業総合研究所 作物研究センター