テレビ・ラジオ

メディア掲載

ご注文はフリーダイヤル「0120-014314」

メディア掲載

最新情報

FMラジオ「ON THE PLANET」出演 FMラジオ「ON THE PLANET」出演

FMラジオ「ON THE PLANET」出演

放送日
2017年09月27日(水)深夜1:30~
出演者
パーソナリティ:D[di:]

概要

 TOKYO FMをはじめ36局ネットで放送中の「ON THE PLANET」に、お米マイスターが出演。毎回テーマを設けてDJが専門家にインタビューしする情報番組で、9月26日のテーマは「お米」。お米の専門家として、おいしいお米の選び方や炊き方、お米のトレンドについてお話ししました。

最近のお米のトレンドでは、お米を食べる量・噛む回数が減少傾向にあるためか、粘りや旨みが一口目から感じられる濃い味わいのお米がよく選ばれることなど。お米マイスターは数ある品種の中からぴったりなお米を選ぶことができるのでお近くのお米マイスターがいるお店を気軽に訪ねてもらいたいなどお伝えしました。

新米の炊き方についてもご家庭でもすぐに実践できる技を紹介しました。

詳細
JFN PARK
お米マイスター全国ネットワーク
丸美屋「究極の麻婆米×炊飯鍋」プレゼント

丸美屋「究極の麻婆米×炊飯鍋」プレゼント

キャンペーン期間
2017年04月15日~06月23日

概要

究極の麻婆米は、丸美屋の麻婆豆腐の素の魅力である「味・香り・トロミ」を最大限に引き出すべく、それぞれ優れた特性を持つ銘柄米を繊細にブレンドしたお米です。
麻婆米の選定には様々な品種を用い、試行錯誤しながら何度も配合を調整し、試食テストを経て完成に至りました。

今年は、特にごはんの「食感」にこだわり、麻婆豆腐、ごはんの絶妙なハーモニーを実現しました。
ごはんがふっくら炊き上がる炊飯鍋とセットで当たります。
詳しくはこちらをご覧ください。

※当店ではキャンペーンの受付は行っておりません。
※究極の麻婆米はオリジナル商品で限定生産のため販売は行っておりません。

「米穀小売業 優良事例集」 吟撰米屋 結の蔵 「米穀小売業 優良事例集」 吟撰米屋 結の蔵

「米穀小売業 優良事例集」 吟撰米屋 結の蔵

発行日
2017年02月28日
テーマ

店頭精米機による「その場でお好み精米サービス」実施店舗の事例

概要

お米マイスターの認定団体、日本米穀小売商業組合連合会発行の、「優良事例集」に結の蔵が掲載されました。この事例集は全国の認定お米マイスターショップの中から選ばれたモデル店で、店頭精米機を活かしたサービスを実施、取り組みの成果や課題をまとめたものです。

店頭精米機は、お好みに合わせた精米歩合(3分・5分・7分づき)に調整することができ、ご来店のお客様のみ精米歩合を見ていただきながら「店頭精米」で対応しています。白米に関しては、自社精米工場の高性能な精米機、選別で美味しく、品質の高いお米を提供しています。

誌面では店内のディスプレイや炊飯ブース、キッズスペースも取り上げていただき、お米の美味しい炊き方や食べ比べなど、お客様のためになる様々な取り組みを評価していただきました。結の蔵では五ツ星お米マイスターが厳選した、全国各地の50種類以上のお米を取り扱っており、お客様の好みや料理の種類に合わせた提案をしています。

これからもごはんをたくさん食べて、元気で健康に暮らしていただけるよう、お米に関する様々な提案を行っていければと思います。

詳細
お米マイスター全国ネットワーク
吟撰米屋 結の蔵(ゆいのくら)
MONOQLO 4月号 炊飯器 徹底検証 MONOQLO 4月号 炊飯器 徹底検証 MONOQLO 4月号 炊飯器 徹底検証

「バーミキュラとバルミューダの炊飯器、本当に旨いの?
MONOQLO 4月号 炊飯器 徹底検証

発行日
2017年2月18日
タイトル

バーミキュラとバルミューダが出した炊飯器は、本当に旨いの?」

概要

最近話題のバーミキュラとバルミューダが発売した炊飯器と、各メーカー最上位モデル炊飯器を含めた計6台を検証する企画で、五ツ星お米マイスターとスーパーエコごはん研究家の2名で検証しました。

バーミキュラは、ホーロー鍋とかまどの熱を再現したヒーターで炊飯する方式、一方バルミューダは、二重釜の蒸気だけで炊飯する方式で、どちらも今までにない炊飯方式です。
今回の検証では、一般的な炊飯モードだけでなく、安いお米を使用した場合や、早炊きモードなど、様々な比較テストを行いました。
評価方法は、見た目、香り、旨みを5段階で採点、炊き立ての食感(もっちり・あっさり)、硬さ(柔らかめ・硬め)で炊飯器を分類した結果、美味しく炊ける炊飯器は、程よい軟らかさで、もっちりふっくら炊き上がる点で共通しており、高級炊飯器の技術力の高さを感じる結果となりました。編集者24人も食べ比べ。

料理の観点からも検証してみると、硬めにあっさり炊き上がる炊飯器は、卵かけご飯にぴったりの食感で、中華などの味付けの濃い料理にも相性がよかったり、無水調理ができる機能が備わった炊飯器では、炊き込みご飯の具材がふっくら炊き上がり高評価でした。

ホーロー、蒸気で炊く話題の2台、人気炊飯器メーカーの最高級モデルがどんな風に炊けるのかなど、60時間以上炊飯した徹底検証になっています。

詳細
MONOQLO(晋遊舎)2017年4月号
商経アドバイス 「新店舗 結の蔵」

商経アドバイス 「新店舗 結の蔵」

発行日
2017年02月06日

概要

2016年12月14日にリニューアルオープンをしたお米専門店「結の蔵」が新聞(カラー)に掲載されました。「ごはんをもっと食べてもらって、健康・元気にそして笑顔になってほしい」という理念のもと推進してきた、数々の取り組みを紹介。

産地との協力で取り組んでいる「佐賀産ホシユタカ」国産長粒米や、企業とのキャンペーン米といった当店独自の企画をはじめ、リニューアルを機に強化した「全国各地50種類以上の品揃え」、「店内から見える精米工場」、炊飯コーナーやキッズコーナーも、写真と共に掲載していただきました。
「食育活動」の拠点となる講習室を新設、子どもからお年寄りまで各世代へお米の正しい知識を伝承する活動を強化したい思いを伝え、お米に関する情報発信の場となり、ごはん食の体験型講習を通じて、消費者同士、生産者と消費者がつながる、まさに「結い」の役割を果たしたいと思います。

ホシユタカのレシピコンテストで記事に誤りがありました。正しくは、【最優秀賞】 佐賀市の平石夏子さんが考案 「伊万里サラダBOX」、【優秀賞】 佐賀県立牛津高校食品調理科 式町文伽さんが考案「ホシユタカと佐賀牛のトマトファルシ」 です。下記の詳細ページでご確認ください。

詳細
伊万里産ホシユタカレシピコンテスト結果(佐賀県)

読売新聞 「新品種のブランド化へ」

更新日: 2016年11月22日

読売新聞 「新品種のブランド化へ」

読売新聞の福井県版で、「ポストこしひかり」として開発中の新品種について取材を受けました。「ポストこしひかり」とは、福井県が平成23年から開発を進めてきたプロジェクトで、20万種の田植えから始まり、収量...

詳細ページ

朝日新聞デジタルに連載「お米のことはプロに聞け!」

更新日: 2016年10月11日

朝日新聞デジタルに連載「お米のことはプロに聞け!」

朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&BAZAAR」(アンド・バザール)で、お米マイスター監修のお米の連載(毎週火曜日)が4月からスタートしました。この連載「お米のことはプロに聞け!」は、お米をおいしく...

詳細ページ

kawagoe premium 「今こそ農業」

更新日: 2016年06月30日

kawagoe premium 「今こそ農業」

川越の地元ならではの情報を伝えるフリーペーパー「kawagoe premium」の特集ページ「今こそ農業」で、「稲作と川越の未来について」というテーマで、かわごえ里山イニシアチブ事務局長と対談しました...

詳細ページ

地元のチカラ J:COM “美味しいお米へのこだわり”

更新日: 2016年05月31日

地元のチカラ J:COM “美味しいお米へのこだわり”

今話題のお店や地域を盛り上げようと活動している人々、注目の企業を取り上げた、ケーブルテレビ「地元のチカラ(J:COMチャンネル)」でお米マイスターの「おいしいお米へのこだわり」が5月16日~31日まで...

詳細ページ

丸美屋「究極の麻婆米と深型フライパン」プレゼント

更新日: 2016年04月21日

丸美屋「究極の麻婆米と深型フライパン」プレゼント

究極の麻婆米は、丸美屋の麻婆豆腐の素の魅力である「味・香り・トロミ」を最大限に引き出すべく、それぞれ優れた特性を持つ銘柄米を繊細にブレンドしたお米です。 麻婆米の選定には様々な品種を用い、試行錯誤...

詳細ページ

日経MJ 優良食品店コンクール「農林水産大臣賞」受賞

更新日: 2016年03月11日

日経MJ 優良食品店コンクール「農林水産大臣賞」受賞

財団法人食品流通構造改善促進機構が実施する「第25回優良経営食料品小売店等コンクール」で株式会社金子商店が『農林水産大臣賞』を受賞しました。推薦、書面審査、訪問調査で審査委員会で審査し、農林水産大臣賞...

詳細ページ