五ツ星お米マイスターの活動日誌

お米マイスターの活動日誌五つ星お米マイスターとは?

RSS購読はこちら最新の活動日誌

  • お米の品種は何種類ぐらいあるの?(令和2年産)

    お米の品種は何種類ぐらいあるの?(令和2年産)

    お米の品種は何種類ぐらいあると思いますか? 実は、国に品種登録されている数は500品種あり、水稲、普通のお米(うるち米)は440品種。このうち、実際に作付、農産物検査をされたお米を産地ごとに一覧表にしてみました。 ※水稲、農林登録済 主食(ごは...

  • 新之助(新潟佐渡)オンライン産地訪問

    新之助(新潟佐渡)オンライン産地訪問

    企業キャンペーン向けのお米を準備するため、JA佐渡営農部の担当者と、「新之助」についての情報交換をしました。 前回と同じく、Web会議システム「Zoom」を活用し、産地との連携を取りながら進めています。 新潟県佐渡市 米どころとしての歴史を...

  • 「金色の風」オンライン産地ツアー(岩手県)

    「金色の風」オンライン産地ツアー(岩手県)

    前回に引き続き「金色の風オンライン産地ツアー 第2回」に参加、今回もウェブ会議システム「Zoom」を使って、生産者の方々や行政・JA関係者の皆様と情報交換をさせていただきました。 今回も事前に試食用の「金色の風」とごはんのお供(弁慶のほろほろ漬、厚...

  • 農業科学博物館(岩手)

    農業科学博物館(岩手)

    岩手県農業研究センター施設内の農業科学博物館には、岩手県で培われてきた農業の歴史や、作業に使われた農機具・生活用具が展示されています。 岩手県の農業の歴史 広大な土地を有する岩手県の農業は、冷害による凶作と飢饉との闘いでしたが、人々は様々...

  • 銀河のしずく(岩手県)

    銀河のしずく(岩手県)

    「銀河のしずく」のお話を伺うため岩手県を訪れ、岩手県農業研究センターでのご説明や農業科学博物館も見学いたしました。 岩手県農業研究センター 農業や畜産に関する研究を行っている岩手県の公設機関で、普段は入ることができない施設ですが、特別に見学させて...

  • 「金色の風」オンライン産地ツアー(岩手県)

    「金色の風」オンライン産地ツアー(岩手県)

    岩手県県南広域振興局が主催する「金色の風オンライン産地ツアー」に参加しました。 新型コロナウイルス感染症の影響により産地訪問が難しい中、ウェブ会議システム「Zoom」を使って、生産者の方々や行政・JA関係者の皆様と直接意見交換をさせていただきました...

  • お米を食べる国は新型コロナの感染者が少ない(論文掲載)

    お米を食べる国は新型コロナの感染者が少ない(論文掲載)

      主食として米を食べる国と小麦を食べる国で、新型コロナウイルスの感染者数にどのような関係性があるのか、渡邊昌東京農大客員教授らが論文を発表し、農林水産省HPに紹介されました。   「ごはんと魚を中心とした食事」=アジアンタイプ 100万...

  • 暑い季節におすすめ!お米の炊き方・保存

    暑い季節におすすめ!お米の炊き方・保存

    梅雨から夏にかけて高温多湿が続く中でも、簡単・上手にごはんを炊くコツをご紹介します。 ポイントはお米の鮮度を保つ正しい保存方法と、冬場と同じような環境で炊飯すること。 おうちでごはんを食べる機会が多くなった今こそ、ごはん食を中心にした食卓を囲んで...

  • 超簡単!忙しい時は「すすぎ1回」でも

    超簡単!忙しい時は「すすぎ1回」でも

    精米技術が向上し、お米は「研ぐ」時代から「洗う」時代に変化しています。 ごはんはキチンと洗わなければ、でも仕事終わりや忙しくて、ごはんを炊くのが面倒になってしまう。 当店の高品質精米は、「旨み層をしっかり残しつつ、ギリギリまでぬか層は落とし」、「...

  • 「握飯国際化計画」おにぎりレシピ公開

    「握飯国際化計画」おにぎりレシピ公開

    南魚沼産コシヒカリの普及のため、南魚沼市と国際大学(IUJ)が共同で取り組んでいる「握飯国際化計画」。お米マイスターが南魚沼市での講演で提案した企画が実現し、2018年からは握飯世界一決定戦を開催、留学生が考案する国際色豊かな“ONIGIRI”が話題...