産地情報

カテゴリー「九州・沖縄」に含まれる記事

  • 佐賀米「新プロジェクト」検討会

    佐賀米「新プロジェクト」検討会

    佐賀米高品質化プロジェクトの一環で、新時代の潮流に合わせた新たな佐賀米づくりを目指すために、品種選び、生産に関する検討会に佐賀へ行ってきました。 【日時】 2013年2月14日(検討会) 2月13日(試食会)場所:佐賀県農業試験センター 【参...

  • 新プロジェクトと生育確認「佐賀へ」

    新プロジェクトと生育確認「佐賀へ」

    佐賀空港着陸前、上空から見る限り、熊本から佐賀は緑一面(出穂期)の田園風景です。 穂が出ているのは、6月に田植えした、夢しずく、ヒノヒカリ、さがびよりともち米。 スーパーなどで早場米が出回ると、九州全体が収穫を終えていると勘違いされてしまいま...

  • ちゅらひかり を求めて「沖縄」へ

    ちゅらひかり を求めて「沖縄」へ

    稲作は、北海道から九州までをを思い浮かべる方も多いと思いますが、ここ沖縄でも米が作られ、日本一の早場米(ひとめぼれ)として流通されています。早いだけのお米ではなく、きっと美味しいお米があるに違いないと思い、沖縄の米づくりを探ってきました。 沖縄...

  • コシヒカリ・さがびより生育確認「佐賀」へ

    コシヒカリ・さがびより生育確認「佐賀」へ

    佐賀産コシヒカリ、さがびよりの生育状況を確認するため、佐賀へ行ってきました。 2009年に企業キャンペーンで訪問して以来、6回目となりました。いつもは山間部中心でしたが、今回は2日間の滞在だったので、佐賀平野のお米もみてきました。 七夕コシヒカリ...

  • 江戸から伝わる棚田「佐賀県」へ

    江戸から伝わる棚田「佐賀県」へ

    稲作発祥地の菜畑遺跡を後にし、江戸期から伝わる棚田へ行きました。 唐津市の歴史は古く、古代「唐」とは朝鮮や中国の呼び名で、唐へ渡る港というのが地名の由来だそうです。 大陸への最短海上路線をかかえる港として古くから交流の門徒になっていた地域です...

  • 生産者・JAの方が佐賀県から来訪

    生産者・JAの方が佐賀県から来訪

    遠い佐賀県からJAや普及センター、生産者の方が当店にお越し下さいました。 この地域のお米を選んだ大きな理由は、生産者とJA・普及センター、そして行政の連携がとれ、お米作りの情熱と技術の裏付けがあるからです。 佐賀の棚田米など関東ではほとんど出回っ...

  • 新品種を求めて「佐賀」へ

    新品種を求めて「佐賀」へ

    企業キャンペーン用のお米を求めて、佐賀県へ行ってきました! 21年産のいろんなお米で炊飯テスト、食味分析、品質検査をした結果、品質も高く、味も良く、そして初めての食感だったお米が「さがびより」でした。 すぐに現地へ行き、県職員・営農担当者の方から...